読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webinar

Web関連情報のウェブセミナー

LINEのクリエイターズスタンプの販売までの流れ

環境構築 ビジネス

LINEクリエイターズスタンプ

大人気チャットアプリLINEにはスタンプ機能があり、スタンプコンテンツは無料だったり有料だったりしますが、LINEを使ったことがある人であれば、1度はスタンプを送ったことがあるでしょう。

 

そのスタンプ、誰が作っているかと言うと、LINE本体や企業が作成/販売しているものが大部分を占めていますが、そのほかにも、個人で作成したスタンプをLINEアプリに登録して販売する(有料での販売のみで無料版は無い)ことができる仕組みが用意されています。それがLINEクリエイターズスタンプです。

 

本記事ではLINEクリエイターズスタンプを作成して、LINEによる審査を経て販売開始するまでのおおまかな流れを紹介したいと思います。

本記事を参考に、ぜひとも皆さんも自分の作ったスタンプを販売しておこづかいを稼いだり、LINE内で自分のスタンプを使ったりしてみてください。

 

一連の流れはすべてこちらのサイトから行うことになります。

creator.line.me

 

  1. クリエイターとしての登録
    各種のクリエイターとしての情報を登録してください。無料です。

  2. スタンプの作成

    ガイドライン - LINE Creators Market

    作る画像は全部で42個です。大変です。がんばりましょう。作成する画像の規定はガイドラインを確認してください。
    いきなり作り始めるのではなく、まずは42個のスタンプで表す内容の概要をテキストレベルで考えてからのほうが良いと思います。

  3. LINEによる審査

    審査ガイドライン - LINE Creators Market

    サイト上からLINEに審査をお願いすることになりますが、この審査、なかなか厳しいことで知られています。が、審査基準は公開されていますのでスタンプを作る前にきちんと目を通しておいてください。
    また、審査期間も結構かかります。申請の量やLINE側の体制にもよりますので最新でどのくらいの期間がかかるかは何とも言えませんが、私の場合は2ヶ月くらいかかりました。

  4. 販売開始
    審査が通ったら、あとはサイト上の販売開始のボタンを押すだけです。

 

以上がざっとした流れになります。私が作ったスタンプは今でも販売中ですが、家族以外の誰かに買ってもらったことが分かったときの感動はひとしおです。ぜひ皆さんもこの感動を味わいつつお小遣い稼ぎに励んでみてください。

(私のスタンプはお小遣い稼ぎにもなっていませんが。。。)