読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webinar

Web関連情報のウェブセミナー

UBERでスマホからハイヤーを呼んで乗ってみました

UBER

UBERサービス

UBER(ウーバー)という、スマホアプリからハイヤーやタクシーを呼んで乗車できるサービスがあります。

以下がアプリを起動した画面です。オシャレです。

 

サービスエリアとしては、乗車ができるのは東京23区の内、中央区、千代田区、新宿区、渋谷区、港区、目黒区といったところ。山手線の南半分をもう一回り広くしたくらいのイメージです。

乗車地点が上記であれば、行き先はどこでも大丈夫なようです。

f:id:t-webber:20150309220545p:plain

 

UBERでの配車

実際に配車を依頼するときは以下の画面を使います。

地図上にピンを置いて、来てほしい場所をUBER側に伝えます。

UBERのハイヤーが今どこにいるかが地図上にマッピングされていて、今ピンのある場所ならどれくらい待てばいいかも同時に表示してくれています。

f:id:t-webber:20150309220602p:plain

 

配車位置の指定は、かなりピンポイントで可能です。道のこちら側かあちら側なんてこともきちんと指定できるので、待つ場所に迷う必要はありません。

ピンを置く位置が決まったら実際に配車を依頼します。画面の「>」ボタンを押すのですが、ハイヤーの場合は事前に見積りをすることもできて安心です。

(もちろん混み具合や通る道によって実際の金額は前後しますが)

タクシー、プレミアムタクシーの場合は残念ながら見積りはできません。

f:id:t-webber:20150309220556p:plain

 

待ち時間

あとはハイヤーが来るのを待つだけ。私が呼んだときは表示されていた時間とほぼ間違いなく来てくれました。

待ってる間も、地図上で担当のハイヤーが徐々に自分の方に向かってくるのが確認できてそれを見ているだけでもちょっと楽しいです。

 

到着

到着したら、運転手さんが降りてきて挨拶をしてくれてドアを開けてくれるので乗車します。配車時に目的地も伝えてあるので特に何も言わなくても目的地まで行ってくれます。また、サービス利用開始時にクレジットカードを登録する必要があり、決済はそのカード経由でなされるため、目的地に着いたらその場で支払いをする必要がなく、とてもお手軽です。

目的地について、車を降りてしばらくするとメールで明細書が送られてきます。とにかく利用が簡単な仕組みになっています。

 

最後に

ぜひ使ってみたいという方は、アプリ内で私のプロモーションコード(9JN1S)を入力すると、2,000円がチャージされお得ですよ。

タクシーよりは少し高いくらいの値段で、手間なく便利にハイヤーを呼んで、リッチな気分で(私のときはトヨタのクラウンロイヤル(内装は革張り!)という車でした)移動ができるこのサービス、オススメです!